FC2ブログ
MMO燦然日記♪
[LotRO]US鯖に参戦
2009/06/18/ (木) | edit |
生存確認の意味も含めて更新してみる。

現在はLotROのJP鯖からUS鯖に移行しておりますー
Warhammerはどうした?wと突っ込みがきそうですが、RvRのゲームなのにアイテムファームが必須になりそうなので萎えてしまいました。
まぁヒーラーとしての位置づけもなんか微妙な感じになっているので休止中でっす。>関係各位

そんなUS鯖ですが
US鯖Tilbee
こんなキャラで遊んでおります。
日本には導入されない、モリアの坑道以降のキャラ「ルーンキーパー」です。
指輪物語の世界には魔法使いは居ない設定になってますが…
どーみても魔法使いです。
両手にルーン石を持ってレンジでバンバン戦います。
雷に炎に寒波と属性攻撃が得意であります。
相手に殴られるとメッチャ弱いけどねー。

さて、大文字でも書いたとおり「日本では導入されない」モリアを試したくてUS鯖に居るわけですが、なんで導入されないのか?最初は導入予定だったんですよ。
ここのブログを見れる人はLotROをやっていない人が殆どなので簡単な説明を。(長いけどw)

去年の11月でしたか公式発表で「来年、早春にモリアの坑道を無料導入!」と伝えました。
日本ユーザーとしては、すんごい喜びましたよ。
ちょうどUS・EU鯖では導入した直後でしたし、過疎化が進む日本鯖で導入するとは!と…
また、運営会社(さくらインターネット)とターバインとの契約が2009年9月で切れることも発表されてましたし。
運営はユーザーを見放さなかったと!!狂喜爛漫(ちとオオゲサ)
まぁ早春というと3月とかのイメージですが、中の人達は4月頃でしょうね。
と楽観視しながら遊んでおりました。
公式HPもアップデート(モリアの坑道)情報を色々載せており、ワクテカで3月がやってきました。
そこでアップデート以降でアイテムが貰えるゲーム内イベントが始まりました。
「もうすぐ、アップデートが来るんだ。頑張ってイベントを盛り上げよう」と中の人達も頑張りました。
むろん私も頑張って普段やらないことまでやって盛り上げようとしてました。
4月に入り、公式からアップデートの話が止まりました…
「もうすぐ初夏ですよ?」とか笑い話的に「今、最終調整なんだよ」とかアップデートの日を待ち続ける人々。
GWが過ぎました。公式からは何の発表もありません。
公式フォーラム内で質問した方も居ましたが返答は「現在お伝えする情報はございません」の一言。
「導入がちょっと遅れてます」ぐらいの発表があっても誰も怒らないのに情報を出しません。
5月が終わりました。
そして6月のある日の公式HPにこんな文章が…
題名「「中つ国 春祭り」戦利品交換イベントの交換アイテム変更につきまして.」
※3月に実施したゲーム内イベントのことです。
内容「略。「モリアの坑道」導入中止に伴い、該当のアイテムをお渡しすることが
できなくなりました。略。
アップデートが導入出来ないと、さらりと伝えられましたw
もうね。どーいうことなのか説明しろよと!
導入出来ないなら「モリアの坑道導入中止につきまして」の公式発表が先だろと!
と怒りが込み上げる前に、公式から「先ほどの発表は誤報です」との公式発表が…
どんだけグダグダやねん。
誤報だった言ってきた文章を読む限り校正も入った文章でした。
そんな文章を既に用意しているって…

それから1週間が経ちました。いまだ公式からはそれ以降の情報は出てきません。

中の人達は休止する人達が多数居ます。
LotROが好きなんだーって人はJP鯖に残る人あり、US鯖に未来を託す人あり。
はたまたNCソフトのAionに流れる人ありと…(笑

運営会社に文句を言う気はありませんが、サービス提供業なら責任を果たせと。
MMO運営なんて赤字ダダ漏れで株主からも怒られていると思いますが納得はしたくないですね。
※さくらインターネットの本業は、レンタルサーバ屋ですけどね。

過去にもSWGで最後はグダグダだったような気もしますが、それを上回るグダグダっぷりですw

最後の望みは、JP鯖が閉ってもUS鯖にキャラ移管あることを祈ります。
※一発大逆転で、アップデート導入・運営会社も変更もあり得ますが、今の情勢を考えると…
SWGでは最後は笑っていたけど、自キャラがHDDの藻屑となるのは二度と経験したくないね…
ゲーム自体が終了なら仕方ないけど(ここSWGな人は笑うところ)、US鯖は結構な繁盛振りですし。

そんな私はUS鯖に逃げたり、Aionやっていたりと…MMO難民は続く。
Aionのブログ。(IEで見た方がいいです)
スポンサーサイト



Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list